FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回帰線 - 隔て繋ぐもの -

回帰線 - 隔て繋ぐもの -

会期/2018年6月26日(火)~7月1日(日) 
11:00~20:00(初日14:00から 最終日17:00まで) 入場無料
会場/exhibition space CLOSET (クローゼット) http://100.thetail.jp/
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-3-9 2F

※恐れ入りますが、18歳未満の方の入場をお断りいたします。

「世界は分断から統合へ、排除から寛容に。
アートもエロスも回帰線を超え結ばれていく。 有末剛」

kaikisennomote.jpg

 
緊縛師 有末 剛
彼の縄は、愛である。そして、女が内側に隠し持つエロスを引き出す。
一人の緊縛師が描く縄に結ばれた作家たちの作品が、一堂に会しました。
画、写真、着物・・・
クローゼットの扉の内側、官能が息づく世界へようこそ。

展示作品の一部は、舞台『緊縛夜話第十七夜 銀河鉄道の夜−露−』にて、舞台美術として展示されます。
禁欲は何にもならなかったと語った賢治。
宮沢賢治は熱心な春画の収集家でもあり、「草や木のことを書くように、エロを書きたい」と語った史実があります。
時代に関わらず、エロスは人の根源に根ざし、時に生を左右する。
舞台詳細はこちらの特設サイトをご覧ください。 
https://ginga-tetsudo.amebaownd.com/ 

【出展作家】
有末剛 

アベユウナ
木村恵
佐藤宏三
芝崎るみ 
清田悠紀子
多賀新
服部新一郎

村上隆幸
山内たま

吉乃蕾
流身華

ご来場を心よりお待ちしております。

kaikisenura1.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。